ホイールリペア

自分でアルミホイールをリペアしても上手くいかないのは?

ご自分でリペアしても上手くいかない訳

 器用な方なら自分でリペアに挑戦された事があるかと思いますが、今一つ上手くいかないって

ご経験ありませんか?

上手くいかない理由はいくつかあります!

凸凹して見える・・・キズの底まで研磨出来ていない、削り過ぎて他の部分と段差になっている。

色が合わない・・市販されているホイール用の塗料を使用しても微妙に色が合いません。

 多少の調色が必要です。塗装のボカシが出来ていない。

塗装にムラがある・・・同じ様な色で塗装が出来ても、段差がわからなくなるまで下地が出来ても、

 塗装部に油分が残っていたり水分があると塗料を弾いてしまい、部材に密着しない部分が出来てしまいます。

でも、ご安心ください!

オークションで気に入ったホイールを購入したらキズが付いていた、中古車を裁定に出す前に、キズがあるので1本だけ買換えようとしたら既に製造中止になっていたなど…

ホイールによっては買換えた方がいいものもありますので、一般の方に限らず、カーディーラー様中古車買取販売店様タイヤ販売店様など業者の方でも下記のフォームよりお気軽にご相談下さい。

お客様がオークションで落札したホイールです。マットブラックで中古にしては綺麗な状態でしたので、即決したそうです。

 

しかし…

届いてからホイールをみると塗装ムラや傷が多数…                 ネットの写真では全く見えなかった部分だそうです。

中古品の怖いところですね~

 

当店も中古販売しておりますが、当然リペア済商品です^^

 

この状態から塗装を全てはがし、下地の整形をします。

ブラックで塗装をした後に艶消しクリヤーを吹いて、マットブラックの完成です。

タイヤをつけたままスピード修復

ホイールのキズ・カケ歪みを短時間で修復します!

ホイール表面の浅いキズであればタイヤをつけたまま施工することも可能です

ハイパーシルバー・ハイグロスハイパー塗装に対応

高級車、外車等に多く使用されている金属調の輝きが特徴です

通常の塗装方法では再現出来なかった輝きをオリジナルの特殊塗料で再生・修復します

シルバーからのカラーチェンジにも対応!

色あせたホイールを再塗装

色あせたホイール、腐食、落ちない汚れを再塗装してリフレッシュ!

車のボディカラーに合わせたカラーチェンジにも対応します

施工事例

施工対象・施工範囲

シルバーホイール

一般的なシルバーメタリック塗料や調合時に着色顔料を加えた様々な色合いの塗装にクリア塗装で保護・光沢を出したもの。

ハイパーシルバー

高級車・外車等に多く使用されている金属調の光沢を強めたもの。

シルバー塗装より光沢がある。

アルマイト
アルミニウム上に耐腐食性に優れた陽極酸化皮膜をつけたものの商品名。(陽極酸化処理=アルマイト処理)

アルミニウムの表面を酸化させ酸化皮膜を生成させ、ホウ酸などの酸化アルミニウムの溶解力の低い酸を用いてバリヤー皮膜で酸化層を形成したもの。

そのため、リム面(ホイール表面外周部)のみ修復対象となります。

※下地が銀色=アルマイト、下地が黒や茶=メッキの可能性大

注1)施工後、リム部の修復ヶ所と修復していない部分の旧塗膜の境目に薄い境界線が出ます。

注2)リム部は研磨のみの仕上げで、表面へのトップコート仕上げは致しません。

ポリッシュ
アルミホイール表面を研磨により整え、表面を薄いヘアーラインをつけることによりデザイン性を整えたホイール。

研磨されたホイール表面には光沢性向上、腐食防止を目的としてトップコート塗装が施されている。

そのため、リム面(ホイール表面外周部)のみ修復対象となります。

                       

注1)施工後、リム部の修復ヶ所と修復していない部分の旧塗膜の境目に薄い境界線が出ます。

注2)リム部は研磨のみの仕上げで、表面へのトップコート仕上げは致しません。

腐食
色あせたや腐食したホイールを再塗装する事によりリフレッシュさせます。

※カラーチェンジの際は4本セットで施工します。

リムの歪み
歪み直し専用ツールを使い、内側から圧力をかけて徐々に歪みを修復します。

修正したヶ所に生じたキズ・カケを整えて仕上げます。

※14~20インチまで対応(2~3日かかります)

※25㎝範囲以内の歪み